top of page

無理なくハマれる!トレーニングを習慣化する裏技!


世田谷のレンタルジム”All Day Gym”店長です。

トレーニングって大変ですよね!。やらないといけないと思ってもなかなか続かない、3日坊主になりがちです。


ただ、継続するためにはいくつかコツがあります、人によってはこのコツで簡単に習慣化できるかも!



そんな都合の良い裏技なんてあるのかしら?


「習慣化したいことを自分のフェティッシュ(偏執対象)に寄せていくのです!(ちょっと何言っているかわかりませんね)」



これは自己暗示的な手法です。今回は筋トレでご説明していきます。



筋トレの目的は、アスリートでもなければ健康、体形改善、体力増進ではないでしょうか。


つまりより良い状態になるために努力をする、という考え方が一般的なのかと思います。努力とはいわゆる、キツイ、つらい、できればしたくないこと(=筋トレ)で、それを頑張って乗り越えるという構図になります。



一方、ゲームにはまる人はどうでしょう?はまるレベルになるということは、かなりやりこんでいるという事。

ただ楽しいからやっているわけではなく、例えば、アイテムをコンプリートする、ストーリーを極める、点数/ランク、誰かと競う、、、等々 何かしらの目的があるはずです。





ゲームと筋トレに関係があるの?


「はい、ないです。(Yes/Noを同時に言えてますね)」



好きなゲームは無限にやってしまうのに筋トレはできない、何故でしょうか。

それはこの目的(≒偏執)が持てているか否かという点が無視できない違いだと思います。



ゲームって非常によくできていていかにスムーズに始められて、ハマる様、計算しつくされています。スマホゲームは顕著ですね。

これにならって筋トレもゲーム的に楽しんだら、習慣化できるのではないでしょうか。



ただ、筋トレはハマる様お膳立てされていないので、自分で工夫する必要があります。ヒントは、トレーニングの様々な側面の中で自分に合った”偏執”できる所を見つけることです。





具体的にはどうするの?


「自分の過去の経験でハマったものってありますよね。(質問無視するスタイルですね)」



2つ例を上げてみます。


シミュレーションゲームが好き

→これは筋トレの戦略面を意識するとハマれるかもです。


目的をどういう戦術でクリアするか、トレーニングはそれ自体シミュレーションゲームの要素が多分にあります。


筋肉をつけたいという目標であれば、ただ漫然と筋トレするのではなく、種目、頻度、食事、休み、生活スタイル等々、自分なりにこうすると効果が出るのではと考えて実践します。


実験の側面もあります。効果は続ければ分かるので、このやり方はダメだった、これはとても良い!というように、どんどん戦術を変えていくことにこだわりましょう。


そのためにはトレーニング計画を自分なりに作ること、そしてその結果を(良くても悪くても)楽しみにすることです。いつの間にかハマっているかもしれません。



RPGでアイテムカンストしたことがある

→何かを完璧にしたい!という嗜好を利用します。


大きな目標ではなく、具体的且つ絞った目標に集中します。例えば、

‐ベンチプレスで80㎏挙げる

‐ドラゴンフラッグを成功させる

‐180度開脚できるようにする


というような目標感です。これが痩せる!、筋肉質になる!等の目標だとこだわりが薄くなるので、あえて偏った目標が良いと思います。


この目標感の良い所はどこまで達成したかがわかりやすい点です。ベンチプレスなら「今60㎏挙げられるから、2か月後には70㎏行きたいな」と考えやすくなります。




でもそもそも習慣化できるかわからないですよね?


「なので最初は小さい目標が良いです(ゲームでいう序盤のミッションですね)」



先ほど例で挙げたのは、こだわりを持って筋トレを始めるという事になるのですが、このこだわり自体を持つには、成功体験が必要です。

そのためには早い段階(まだハマっていない時期)でその体験ができるようにします。



2か月ではなく2週間やってみて、振り返りできる中間地点があると良いですね。戦術であれば2週間でまず続けられそうな計画だったか?を見てみるとか、ベンチの例ですと少しでも重量が増えたか?をチェックすることになります。



ゲームと同じで、小さな成功体験が継続的に得られることで、動機付けになり、最終的には習慣化しやすくなります。





まとめるとどういうことかしら?


・自分がこだわれそうな目標の立て方、取り組み方を考える

・絞って!小さく!偏って!取り組むことでこだわり感が増す


こだわりを持つことで、習慣化への最初心理的関門をクリアしやすくなります。自己暗示のテクニックではありますが、考え方を意識することで、運動習慣が身につくなら、こんな良いことはないですよね。




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page